読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メガネストの読書日記

眼鏡好きのメガネストが、読書日記をつける

伏瀬『転生したらスライムだった件④』

ライトノベル

 

転生したらスライムだった件 4 (GCノベルズ)

転生したらスライムだった件 4 (GCノベルズ)

 

  俺はお前たちを絶対に見捨てない

 

 というわけで今回は、伏瀬『転生したらスライムだった件④』(GCノベルズ)です。

 リムル、国を離れる。

 というわけで今回は街づくりは控えめで、リムルが人間の国へと赴く部分がメインとなります。

 かつて自分が喰った異世界人の夢に急き立てられるように出奔し、大国イングラシアへと赴くリムル。そこで出会った5人の異世界人の子供。命のタイムリミットが近い彼らを救うために、リムルは奮闘します。

 

……とまあ、真面目な話はこれくらいにして。

 

 クロエたんかわいいよ(*´Д`)ハアハア(超大声)

 

 すみません真面目にやります――ああっ! 眼鏡を、眼鏡を返して!

 まあでも、冗談抜きにして、命のリミットが近づいている5人の子供たち(クロエ、という少女はそのうちの一人なのです)はかなり魅力的に描かれていると思うのです。

 というか、本作は比較的キャラクターが魅力的で、そこも特筆すべき点の一つであるように思うのですが、この巻のメインであるこの5人は、特に力を入れて書かれているように思います。まあ、メインだから当たり前なのですが。

 僕のお気に入りは(今更言うまでもないかもしれませんが)クロエという少女で、なんというかこう、静かに懐いてくれている感じがとてもいいように思うのです。

 そんな風に、5人の生徒たちと心温まる時間を過ごした果てに――この巻ラストでえらい展開が待ち受けているわけですが……

 

《関連記事》

伏瀬『転生したらスライムだった件①』 - メガネストの読書日記

伏瀬『転生したらスライムだった件②』 - メガネストの読書日記

伏瀬『転生したらスライムだった件③』 - メガネストの読書日記

伏瀬『転生したらスライムだった件⑤』 - メガネストの読書日記

伏瀬『転生したらスライムだった件⑥』 - メガネストの読書日記

伏瀬『転生したらスライムだった件⑦』 - メガネストの読書日記

伏瀬『転生したらスライムだった件⑧』 - メガネストの読書日記

伏瀬『転生したらスライムだった件⑨』 - メガネストの読書日記