読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メガネストの読書日記

眼鏡好きのメガネストが、読書日記をつける

伏瀬『転生したらスライムだった件②』

 

 

転生したらスライムだった件 2 (GCノベルズ)

転生したらスライムだった件 2 (GCノベルズ)

 

 喰って、喰って、喰いまくれ!

 

 というわけで今回は、伏瀬『転生したらスライムだった件②』(GCノベルス)です。

 

 

 前回、この小説はいわゆる『俺TUEEEEEE!』系の作品である、と言った気がしますが、すまんありゃ嘘だった

f:id:mahiro_megane:20160713115215p:plain

 まあ、嘘っていうか、正確じゃない、としたほうがいいのでしょうけれど。

 というのもこの作品、スライムに転生した主人公が、自分の国を発展させていくという側面のほうが、色濃いように思うのです。なんというか、《シムシティ》とか、《テーマパーク》とか《マインクラフト》……はちょっと違うかな(^^;)

 ともかく、そういう雰囲気を色濃く感じるように思います。思うに、ダッシュ島とか好きな人は楽しめるんじゃないかと。

 

 さて、本書の感想なんですが、この巻からリムル陣営の主戦力であるオーガたちとオークたちが仲間となります。特にオークとの戦闘シーンはスピード感があり、熱くさせられます。

 序盤の街づくりパートがやや冗長で(これはこれ以降の巻にも言えることですが)、人によっては退屈さを覚えるかもしれませんが、キャラ同士の掛け合いが面白いのでそれほど気にはなりません。前半のやや間延びした感じは、後半のスピード感を強調する役割もあるのかな、と思わせるくらいスピード感に差があります。

 ともあれ、この巻も面白かったです。

《関連記事》

伏瀬『転生したらスライムだった件①』 - メガネストの読書日記

伏瀬『転生したらスライムだった件③』 - メガネストの読書日記

伏瀬『転生したらスライムだった件④』 - メガネストの読書日記

伏瀬『転生したらスライムだった件⑤』 - メガネストの読書日記

伏瀬『転生したらスライムだった件⑥』 - メガネストの読書日記

伏瀬『転生したらスライムだった件⑦』 - メガネストの読書日記

伏瀬『転生したらスライムだった件⑧』 - メガネストの読書日記

伏瀬『転生したらスライムだった件⑨』 - メガネストの読書日記