読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メガネストの読書日記

眼鏡好きのメガネストが、読書日記をつける

石井好子『東京の空の下オムレツのにおいは流れる』

エッセイ

 

東京の空の下オムレツのにおいは流れる (河出文庫)

東京の空の下オムレツのにおいは流れる (河出文庫)

 

 

巴里の空の下オムレツのにおいは流れる (河出文庫)

巴里の空の下オムレツのにおいは流れる (河出文庫)

 

 

  オムレツの石井さん、世界中の料理を食す。

 

 お久しぶりです。

 おおよそ一か月ぶりの更新となってしまいました。

 ごくごく個人的な事情でブログの更新をやめておりましたが、今日からまたぼちぼち再開していこうと思います。

 

 というわけで今回は、石井好子『東京の空の下オムレツのにおいは流れる』(河出文庫です。

 《オムレツの石井さん》ことシャンソン歌手の石井好子さんの、料理に関するエッセイです。今でも大きな本屋には平積みにされているので、一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

 本作は『パリの空の下オムレツのにおいは流れる』(河出文庫に続く料理エッセイ第二弾で、初版が1985年ということもあって、やや古めかしい内容となっております。

 しかし、それでも内容は色褪せません。

 出てくる料理の、まあおいしそうなこと。

 僕は食べ物関連のエッセイをよく読むほうだと思うのですが、石井好子さんの表現はとりわけおいしそうに感じます。特別な表現を用いず、感じたこと、味をストレートに表現するのがいいのかもしれません。秋の夜長に黙々と、なにかを食べるように読むのが個人的にはオススメ。