読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メガネストの読書日記

眼鏡好きのメガネストが、読書日記をつける

島本理生『B級恋愛グルメのすすめ』

 

B級恋愛グルメのすすめ (角川文庫)
 

 

CHICAライフ

CHICAライフ

 

  これこれ、こういうのでいいんだよ(©井之頭五郎

f:id:mahiro_megane:20160717015748p:plain

 

 というわけで今回は、島本理生『B級恋愛グルメのすすめ』(角川文庫)です。

 島本理生は個人的に好きな作家で、ほぼすべての著作を読んでいると思いますが、初めて読む人には個人的にはエッセイを推したいところ。

 本作は、島本理生二作目のエッセイ集になります。前作『CHICA LIFE』(講談社なぜか文庫にならないのでこちらの方が手に取りやすいかと思います。まだ出たばかりで、普通に本屋にも並んでるしね。

 本作は、タイトルの通りグルメと恋愛(ただしB級)をテーマにしたエッセイがまとめられていて、島本理生のぺっぽこぶりがいかんなく発揮されています。

 ……いや、けなしてないですよ? むしろ褒め言葉です。島本理生といえば、十七歳で文壇デビューを果たし、史上最年少で芥川賞にノミネートされた天才、という印象があったのですが、エッセイを読むとそういう印象を木端微塵にして妙な親近感を抱かせてくれます。「ああ、こういう人でもこんな感じなんだなあ」と。

 あくまで個人の所感ですが、穂村弘のエッセイと同じような感覚で読んでいただけると楽しいかな、と思います。

 

 ところで、島本理生といえば夫は同じく小説家の佐藤友哉ですが、彼女たちは一度離婚して、また結婚するという不思議なことをしています。

 その話を聞いたときに「なんでそんなわけのわからんことを……」と思った

f:id:mahiro_megane:20170206095805j:plainんですが、そのあたりの詳しい話も、本作に収められています。なるほど、こういうことがあったのね、となんか妙に納得しました。

 

 本作に収録されているエッセイで特におすすめなのは、『日本酒よもやま』『屋形船に乗ってみた』でしょうか。特に前者はなかなかのアレっぷりで、思わず笑ってしまいました。