読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メガネストの読書日記

眼鏡好きのメガネストが、読書日記をつける

城平京『虚構推理』

 

虚構推理 (講談社文庫)

虚構推理 (講談社文庫)

 

 

名探偵に薔薇を (創元推理文庫)

名探偵に薔薇を (創元推理文庫)

 

 

  この世は『虚構』でできている

 

 というわけで今回は、城平京『虚構推理』(講談社文庫)です。

 

 『名探偵に薔薇を』(創元推理文庫で注目された作者で、そのスタイルからゴリゴリのミステリを書く人、みたいな印象を受けがちですが、本作はむしろ伝奇ものの要素が強いように思います。

 個人的な所感ですが、ミステリというのはジャンルというよりも要素の一つで、なにか別のジャンルの小説に組み込み、その物語を彩る装置のような意味合いが強いように思います。本作はまさにその典型のようなもので、伝奇小説にミステリの方法論を持ち込んだ、意欲作だと感じます。

 

 城平京といえば、ごくごく真面目な展開の中に唐突に妙ちきりんな物をブッ込んでくる印象ですが(とか)、本作もどこか、そういうエッセンスを感じさせます。そういうのを見ると、「この日と変わってないなあ」となんだかうれしくなります。

 先ほど、本作は伝奇ものとしての色が強いと言いましたが、ミステリとしても魅力十分です。特に第六章は圧巻で、論理とそれを打ち消す反証のせめぎあいが怒涛の勢いで押し寄せてきます。ここだけのためにこの本を手に取る価値があるでしょう。

 

 ところで、全然関係ない話ですが、この本のノベルス版タイトルは『虚構推理~鋼人七瀬~』だったのですが、城平京は鋼になにか特別な思い入れでもあるんでしょうか。以前も鋼鉄番長がどうとかいう作品を書いていたし……ちょっと気になります

f:id:mahiro_megane:20170211193704j:plain