読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メガネストの読書日記

眼鏡好きのメガネストが、読書日記をつける

村田沙耶香『コンビニ人間』

 

コンビニ人間

コンビニ人間

 

 普通って、なんだろう?

 

 というわけで今回は、村田沙耶香『コンビニ人間』(文芸春秋です。

 第155回の芥川賞受賞作です。初顔さんですね。

 村田沙耶香さんはここ一年くらいで雑誌の対談や鼎談なんかでちょこちょこ名前を聞くようになった印象ですが、今まで気になりつつも作品を手に取ることはありませんでした。今回、この『コンビニ人間』芥川賞を受賞したということで、いい機会かな~、と思って手に取った次第。

 

 で、感想なんですけど、思いっきり人を選びそう。テーマとしては冒頭の『《普通》とは何か?』ということになるんでしょうけど、ともすれば書ききられて手垢のついているようなこのテーマに、強烈な個性を与えているのが主人公のキャラクターです。

 

「この人、サイコパスなんじゃ……」←(読み始めたばかりのときの感想)

 

「この人、サイコパスなんじゃ……」←(読後の感想)

 

 最初から最後まで一切ぶれない、読んでいてどこか不安になるような主人公のキャラクターが、物語に強烈な色を付けています。あまりにも普通でない人種から投げつけられる『《普通》とは何か?』という普通の問いかけが、だからこそ心のどこかに引っかかるようにも思います。

 正直な話、これほどまでに日常に近い物語で、これほどまでに共感できなかった主人公というのは共感できなかった主人公は初めてでした。しかし、それでも面白い。

 個人的には、こういう話はいかに多くの読者の心に響かせるかが肝要だと思っていましたが、本作はある意味でその真逆に位置する作品で、切り口として非常に面白かったです。この手法が、普通なようで普通でない作中の世界観にとてもマッチしているように思いました。