読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メガネストの読書日記

眼鏡好きのメガネストが、読書日記をつける

大島真寿美『ピエタ』

一般文芸

 

ピエタ (ポプラ文庫 日本文学)

ピエタ (ポプラ文庫 日本文学)

 

  たった一枚の楽譜が、あらゆる人の運命を大きく変えたのです。

 

 というわけで今回は、大島真寿美ピエタ』(ポプラ文庫)です。

 これも長らく放置していた本ですね。たしか、発売直後に買っておいて、そのまま放置しておいたんですが、思い立って積読から出して読み始めたわけです。

 舞台はイタリア、ヴィヴァルディの生きたころ。ヴィヴァルディの関わった慈善院《ピエタ》から、この物語は始まります。

 物語に派手なところはなく、ともすれば退屈な部分もあるかもしれませんが、丁寧に作られた物語だな、と感じます。僕は著者の他作品を読んだことはありませんが、物語に対する篤実な姿勢を見たように思います。物語が静かに流れていくその様は、どことなくフランスの映画みたいだな、と感じました(舞台、イタリアですけど)。

 作中、とある人物がこんなことを言います。

 

  ❝あの人はただの石ころになりたかったんでしょう。美しい美しい音楽を奏でるた

  だの青い石ころに❞

 

 『あの人』というのはヴィヴァルディのことなのですが、やっぱりあれなのですかね。有名になるとこういう感情を抱くことがあるのでしょうか。一般人的にはこれとは真逆の、いわゆる承認欲求が強く出ることも多いように思うのですが(Twitterで犯罪報告する人なんか、こういう傾向が強そうですね)、結局のところ人は、手にしていないものを欲する、ということなのかもしれません。