読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メガネストの読書日記

眼鏡好きのメガネストが、読書日記をつける

渡瀬草一郎『空ノ鐘の響く惑星で・4』

 

空ノ鐘の響く惑星で〈4〉 (電撃文庫)

空ノ鐘の響く惑星で〈4〉 (電撃文庫)

 

 

 

  今回は渡瀬草一郎空ノ鐘の響く惑星で・4』(電撃文庫です。

 

 二巻から始まった王位継承争いも本作で終了となるわけですが、いやあ、相変わらずベルナルフォンはかっこいいですね。

 ……このままだと感想が終わってしまうので、なるべくネタバレしないように内容を語ってみたいと思います。

 この三冊にわたって続いてきた《王位継承争い編》ですが、しっかりと構成が練られていて非常によかったように思います。ただ、本シリーズ一巻の記事の中で「戦記ものといえばアルデラミンのついでにこちらも」みたいな言い方をした気がしますけど、よくよく読んでみれば、ここまでは別に戦記ものって感じじゃないよね、うん。ここまでは正統派のファンタジーって感じです。

 いやね? そりゃあ読んで損はさせませんよ? でも戦記ものを期待して手に取ってみると、ここまではちょっと違うかなー、と(一応そんな感じのシーンも出てきますけど、全体で見ればほとんどないようなものですし)。

 

 ともあれ、昨今のライトノベルのように、軽妙な会話回しでリズムを作って、キャラクタ同士の掛け合いで物語を進めていくような作風とは一線を画し、地の文を多用してしっかりと地に足の着いた展開を見せていくのは、ここ数年でライトノベルを読むようになった人には新鮮なのではないでしょうか。

 個人的にはどちらのスタイルも割と好きなのですが、物語に重厚さを出すとなれば、こういうスタイルがいいのではないかな、と感じます。

《関連記事》

渡瀬草一郎『空ノ鐘の響く惑星で』 - メガネストの読書日記

渡瀬草一郎『空ノ鐘の響く惑星で・2』 - メガネストの読書日記

渡瀬草一郎『空ノ鐘の響く惑星で・3』 - メガネストの読書日記

渡瀬草一郎『空ノ鐘の響く惑星で・5』 - メガネストの読書日記

渡瀬草一郎『空ノ鐘の響く惑星で・6』 - メガネストの読書日記

渡瀬草一郎『空ノ鐘の響く惑星で・7』 - メガネストの読書日記

渡瀬草一郎『空ノ鐘の響く惑星で・8』 - メガネストの読書日記

渡瀬草一郎『空ノ鐘の響く惑星で・9』 - メガネストの読書日記

渡瀬草一郎『空ノ鐘の響く惑星で・10』 - メガネストの読書日記

渡瀬草一郎『空ノ鐘の響く惑星で・11』 - メガネストの読書日記

渡瀬草一郎『空ノ鐘の響く惑星で・12』 - メガネストの読書日記

渡瀬草一郎『空ノ鐘の響く惑星で・外伝~tea party's story~』 - メガネストの読書日記

 渡瀬草一郎『空ノ鐘の響く惑星で』総括 - メガネストの読書日記