メガネストの読書日記

眼鏡好きのメガネストが、読書日記をつける

皆川博子『倒立する塔の殺人』

 

倒立する塔の殺人 (PHP文芸文庫)

倒立する塔の殺人 (PHP文芸文庫)

 

 今回は皆川博子『倒立する塔の殺人』(PHP文芸文庫)です。

 実は、皆川博子です。初手がこれなのは正しいのかどうなのか……

 という気持ちで読み始めたんですが、面白かったです。

 少女小説×ミステリといった風情で、少女小説の雰囲気を楽しむことができる方なら面白いのではないかと思います。

 また、作中に用いられているトリックは面白いのですが、物語が女学生が綴った手記を追っていくという形式で書かれているからか、その部分がやや読みづらく感じます。

 ここに関しては評価の分かれるところだと思うのですが、僕はとてもいいと思うのですよ。読みづらいことがいいのではなく、そういう文章が混在しているということが、です。

 小説というのは基本的に一人で書くもので(岡嶋二人などの例外はありますが)、それ故に作中作が登場したとしてもその文章の書き分けは非常に難しいのですが、皆川さんは当たり前のようにそれをこなしていますね。下手な文章、というのはたぶん書こうと思えば書けると思うのですが、読みづらい(かつ、下手ではない)文章を書き分けるというのは非常に困難なのではないかと思います。熟練の技というか、なんというか……いやはや。

 

連城三紀彦『造花の蜜』

 

造花の蜜〈上〉 (ハルキ文庫)

造花の蜜〈上〉 (ハルキ文庫)

 
造花の蜜〈下〉 (ハルキ文庫)

造花の蜜〈下〉 (ハルキ文庫)

 

  というわけで今回は、連城三紀彦造花の蜜』(ハルキ文庫)です。

 いやあ、大傑作でしたね。

 どこにでもあるような誘拐事件を皮切りにして、事態は意外な方向へと舵を切っていく……という、ありふれたあらすじからはまったく想像もつかないような展開で、物語は進んでいきます。何重ものアクロバットがあって、恐ろしく技巧的な作品だな、というのが読みながら抱いた感想。

 あと、タイトルがいいですね。興味を惹かれるタイトルで、かつ読んだ後に色々と考えさせられる。昨日感想を書いた『私という名の変奏曲』もそうですが、連城作品はそういうタイトルが多いですね(偏見かもしれませんが)。

 そして、これはこの作品に限った話ではないのですが、連城さんはなんでもない文章でも恐ろしい名文を放り込んでくるのが好きです。ああいうことをサラッとやれるの、反則だよなあ(笑)

 

 ところで、僕は誘拐ものの小説って陳浩基『借りた場所に』『13・67』所収)くらいしか読んだことがないんですが、あれも相当な良作だったと思うのですよ。しかし本作はそれをあっさりと超えるレベルの傑作で、なにを置いてもとりあえず読んでほしいレベルの作品であるといえるでしょう。っていうか、誘拐ものの面白いやつ、こんなに読んじゃったら次に読む誘拐もののハードルがめっちゃ上がるんですけど……

ヘレン・マクロイ『ささやく真実』

 

ささやく真実 (創元推理文庫)

ささやく真実 (創元推理文庫)

 

  今回はヘレン・マクロイ『ささやく真実』(創元推理文庫です。

 以前から気になっていた作家なのですが、今回初読ということで。はてさて。

 いいわね、これ、いいわよ。

 基本的な線としてはサスペンスなのですが、事実と事実をつなげるロジック、様々な思いが交錯する人間模様。どこをとっても隙のない構成には感服しました。これが一世紀近くも前に書かれているだと……?

 あと、個人的に嬉しかったのは、翻訳が読みやすいというところですね。

 僕はそれほど海外の小説を読まないので、翻訳の文体があまり得意ではなかったのですが、これはかなりすらすらと読めました。僕みたいに「翻訳ものは苦手なんだけど……」という人にはうってつけの一冊だと思います。

連城三紀彦『私という名の変奏曲』

 

私という名の変奏曲 (文春文庫)

私という名の変奏曲 (文春文庫)

 

 そんなわけで、連城三紀彦『私という名の変奏曲』(文春文庫)の感想です。

 連城さんは二冊目なんですが、これもよかったですね。っていうか、すごすぎでしょ

 世界的なファッションモデルである美織レイ子が死んだ。彼女を殺す動機を持った七人の男女は全員が「自分が殺した」と主張する。はたしてレイ子はどのようにして七回殺されたのか……

 あらすじだけ見ても意味不明な本作ですが、メインのトリックはまあ、これしかないだろうという感じなのですが、実現は無理でしょうね、これ。というか、前提として無理があるので、創作物の中でのみ使用できるトリックという感じで、個人的には好みです。

 それよりも圧巻だったのは、本作に込められているものです。

 全編にわたって愛とか情とか念で形成されていて、それが連城文体に驚くほどマッチしています。そういうものを大胆な仕掛けでまとめ上げる手腕は素晴らしいと感じました。

大岡昇平『事件』

 

事件 (創元推理文庫)

事件 (創元推理文庫)

 

  さて、第一回更新は大岡昇平『事件』(創元推理文庫です。

 つい先日(11月の終わりだったと思います)創元推理文庫から復刊され、もとより気になっていたので購入……したのではなく、ちょっと前に買って積んでありました。

 で、復刊されたということもあって読んでみた次第。

 結果……なんでこの本積んでたんやろ。もっと早く読めよ自分。

 一見単純そうに見えた殺人事件の裁判。しかし蓋を開けてみれば事態は思わぬ方向に転がっていき……というのが主な流れになるわけですが、ともすれば地味にも感じるこの物語を(事実として派手さには欠けますが)、そういう物語に息づくようなリアルを組み込むことによって、ここまでのものを作り上げるとは……素直にシャッポを脱ぎます

 本作の魅力はなんといっても、その豊富な法廷の知識をいかんなく盛り込んだ法廷シーンで、静かな戦いを質実な筆致で見事に描いています。作者の大岡昇平さんは元新聞記者だそうですが、文章は余計な装飾あなく、まさに実用的な文章といった感じでした。

 今回の復刊で入手しやすくなったことですし、ぜひとも読んでほしい一冊。

2017面白かったミステリ(海外版)

ということで、次は海外版。翻訳物はあまり読んでいなかったので、十作に届いていませんが、のんびり紹介していきたいと思います。

 

5・ゴードン・マカルパイン『青鉛筆の女』(創元推理文庫) 

青鉛筆の女 (創元推理文庫)

青鉛筆の女 (創元推理文庫)

 

  昨年初訳された作家です。

 緻密なプロットと息をつかせぬ展開が持ち味で、解釈が人によって変わってきそうな物語だな、という感じ。ただし、どんな解釈に至ったところでこの作品が面白いことには変わりなく、もっと広く読まれてほしいと感じました。

 

4・パット・マガー『七人のおば』(創元推理文庫) 

七人のおば (創元推理文庫)

七人のおば (創元推理文庫)

 

  これも傑作でした。

 性格が歪みまくっている七人のおばのうち、誰が殺されたのかを推理する、というのがメインストーリーになるのですが、この骨子に付随した肉がすごいのです。

 なにせ、登場人物の九割がおクソで、殺される理由しか見当たらない(おばだけじゃなく、男性陣もなかなかのもの)。にもかかわらずそのクソっぷりが千差万別で、恐ろしいくらい巧みに書き分けがなされているのが本作のすごいところ。こういうのを「人間が書けている」というのでしょうなあ。

 

3・スティーヴン・グリーンリーフ『匿名原稿』(ハヤカワ文庫)

匿名原稿 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

匿名原稿 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

 

  ハードボイルドものからも一冊。ハードボイルドの主人公って、どうして毎回頭を殴られるんでしょうね(偏見)。

 ある出版社に匿名の原稿が送られてきて、その作者を探していくところから物語は始まるわけですが、そこから物語は大きなうねりを生むことになります。

 僕はハードボイルドものはあまり読まないのですが、本作が面白いことはわかります。見かけたらぜひ読んでほしいところ。

 

2・陳浩基『13・67』(文藝春秋) 

13・67

13・67

 

 昨年一番の収穫といえば、本作でしょう。

 稀代の名刑事クワンの最期を描いた第一話『白と黒の間の真実』から、時代を遡っていく年代記というスタイルがとられているのですが、なぜこのスタイルで書き進めていったのか……それは最後のページを読んだ瞬間にわかります

 ミステリというのは本来、再読性がそれほど高くはないジャンルだと思うのですが、本作はきっと、最後まで読んだらまたすぐ最初のページに戻りたくなることでしょう。

 一番は第四話の『テミスの天秤』ですが、これはミステリとしてよし、刑事ものとしてよし、エンタメとしてよしの三拍子揃った傑作で、ぜひとも読んでほしい作品です。

 

1・ミッシェル・ビュッシ『黒い睡蓮』(集英社文庫

黒い睡蓮 (集英社文庫)

黒い睡蓮 (集英社文庫)

 

  『13・67』と迷ったのですが、好みの差でこちらを一位に。

 僕はフランスミステリをほとんど読んだことがないのですが(ルメートルくらい)、これがフランスミステリなのだとすると、今年はもっと読んでいかなければならないなあ、と思います。それくらいの傑作。

 伏線を緻密に張り巡らし、それを回収しつつも大仕掛けで分回してくる圧倒的なパワー。そしてそのあとに訪れるリリカルな結末。ミステリとしてもいいですが、物語として良質で、いい余韻が残ります。少し長めですが、ぜひ読んでほしい作品。

 

という感じです。今年は翻訳ものをもっと読んでいきたいですね。

2017面白かったミステリ(国内版)

再起動、いたします。

 

 ということで半年ほど更新をしていなかったブログを、再び更新していこうかと思います。新年でキリもいいしね(もう八日ですが……)。

 

 信念ということで、リハビリがてら、昨年読んだミステリのなかで面白かったものを紹介していこうかな、と思っています。

 それではまず、第十位から

 

10・早坂吝『○○○○○○○○殺人事件』(講談社文庫) 

○○○○○○○○殺人事件 (講談社文庫)

○○○○○○○○殺人事件 (講談社文庫)

 

  十位にこいつが入っている時点で色々とお察しいただけると思うのですが、このランキングは完全に僕の好みですね。

 いや、でも面白いんですよ。第50回メフィスト賞を受賞した作品ですが、いかにもメフィスト賞っぽい作品ですね(超偏見)。

 この作品を一言で表すのなら、「バカ」ですね。バカミス」じゃなくて「バカ」です。別にけなしているわけではなく、作中に隠された真実を知った読者はきっと、みんな同じ感想を抱くと思うのです。そのうえでミステリとして端正で、物語を納得させられてしまう強烈なパワーを持っているとか。もうね、最高ですよ。作者の早坂吝さんには、今後もこの地平を走り続けてほしいところ。

 

9・岩下悠子『水底は京の朝』(新潮社)

水底は京の朝

水底は京の朝

 

  九位はこの作品。あまり話題にもならず、皆さん読まれてもいないようなので、ぜひ読んでほしいです。

 ジャンルとしては撮影所を舞台にした日常の謎なのですが、そこに幻想文学のエッセンスを入れてきたのが新しいと思うのです。撮影所というのは昔から様々な「いわく」があるものですが(女のすすり泣く声が聞こえたとか、子供が毬をついて遊んでたとか、そういうの)、そうした不思議を幻想文学に消化していて、なかなか良かったのではないかと思います。

 なお、作者の岩下悠子さんは、映画監督で、本作が小説デビューとなるのですが、今後が楽しみです。

 

8・氷川透『真っ暗な夜明け』(講談社ノベルス) 

真っ暗な夜明け (講談社ノベルス)

真っ暗な夜明け (講談社ノベルス)

 

  八位はこちら。いやあ、よかったですね。

 あらすじを見ると割とありがちなストーリーではあるのですが、本作の重心はそこにはなく、むしろ、そういう物語が非凡な展開を見せていく部分に重点が置かれた作品となっております。

 本作は徹底的にロジカルに話が展開していき、主人公の氷川透は論理のみを武器にして事件に立ち向かいます。はたして彼はそのたった一つの武器で事件を終わらせることができるのか……。

 

7・依井貴裕夜想曲』(角川文庫)

夜想曲(ノクターン) (角川文庫)

夜想曲(ノクターン) (角川文庫)

 

  いやー、これはすごかったですねえ。

 なにかを語るとネタバレになりそうなので、あまり多くを語るつもりはないのですが、このネタを破綻なく書き上げた手腕は少し恐ろしくもあります。依井貴裕さんはこれ以降単行本を上梓していませんが、さもありなんといったところ。

 

6・古処誠二『少年たちの密室』(講談社ノベルス

少年たちの密室 (講談社ノベルス)

少年たちの密室 (講談社ノベルス)

 

 古処誠二さんといえば戦争文学のイメージで、実際そういう作品を多く書いているわけですが、本作は戦争文学ではありません。しかし、古処エッセンスを存分に感じることができます

 暗闇の中で発生した事件をロジカルに解決していく様は鮮やかで、残された疑問が最終的に収まるべきところに収まっていく。……これでデビュー二作目っすか。 

 

5・井上真偽『聖女の毒杯~その可能性はすでに考えた~』(講談社ノベルス) 

聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた (講談社ノベルス)

聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた (講談社ノベルス)

 

 これはたしか、停止する前のブログで感想を書いていますね。井上真偽『聖女の毒杯~その可能性はすでに考えた~』 - メガネストの読書日記

 多重解決もので、誤った推理がたくさん出てくるのですが、その一つ一つが一作書けるくらいのクオリティで驚くことしきり。そして、そこからの解決編。素晴らしかったです。

 

4・今村昌弘『屍人荘の殺人』 

屍人荘の殺人

屍人荘の殺人

 

  今もっともホットなミステリといえば、本作でしょう。発行部数も十万部を突破したのだとか。いやあ、すごいですねえ。

 本作は形だけを見れば、クローズドサークルが形成されてそこで殺人事件が起こる館もので……という、もはや王道となった感もある舞台設定なのですが、これをインターネットや携帯電話が普及しきった現代で成立させた発想が素晴らしいですね。なるほどこういう方法があったかと(二度と使えないと思いますが)。

 正直なところ、事件の細部に気にかかる部分はあるのですが、それをものともしないリーダビリティの高さは圧巻で、「なにかミステリを読みたいんだけど、どれがいいかなあ?」と悩んでいる人に真っ先に読んでもらいたい一冊でした。

 

3・鮎川哲也『五つの時計』(創元推理文庫

五つの時計―鮎川哲也短編傑作集〈1〉 (創元推理文庫)

五つの時計―鮎川哲也短編傑作集〈1〉 (創元推理文庫)

 

  つーかお前、まだ読んでなかったんかい、と。

 それはともかく、すごかったですね、これは。なにせ外れがない。

 トリッキーで、かつロジカルで、その両方を絶妙なバランスで成立させているのが素晴らしい。長く読み継がれていく物語というのは、こういうものなのかと。

 特に好きなのは『五つの時計』『道化師の檻』『早春に死す』『薔薇荘殺人事件』『急行出雲』の五作。とりわけ『道化師の檻』は素晴らしかったです。

 

2・泡坂妻夫『乱れからくり』(創元推理文庫) 

乱れからくり (創元推理文庫)

乱れからくり (創元推理文庫)

 

  二位はこちら。

 リンクは創元推理文庫版を貼ってあるのですが、僕が読んだのは単行本版で、そちらにはエッチングの挿絵がついているのです。これがまたいい味を出しているので、できれば単行本で読んでほしいところ(手に入るかは知りません)。

 十重二十重に織られた精緻な物語で、すべての要素が巧妙に重なり合っている作品です。

 

1・連城三紀彦『戻り川心中』(光文社文庫)

戻り川心中 (光文社文庫)

戻り川心中 (光文社文庫)

 

 一位はこちら。……っていうか、これ読んだの去年だったのか。

 こちらもブログに感想を書いてますね。連城三紀彦『戻り川心中』 - メガネストの読書日記

 全編のクオリティが高く、とりわけ表題作は素晴らしいの一言。無人島に持っていく短編を一つ選べって言われたら、表題作を持っていくことでしょう。嘘ですけど。

 

 こんな感じ。今年もたくさんの小説を読めたらいいなあ。